第1回『家族をささえるヨガ講習会』終了報告

  • 2020.02.14 Friday
  • 16:08

BAMBOOヨガインストラクターのAsagiです。

 

先日、記念すべき!第1回(私の、佐渡での、新潟での開催)の

『家族をささえるヨガ講習会』を終了しました。

 

短い告知期間にもかかわらず、第1回講習会には6名の方が参加してくださいました。

 

それぞれ職業も、生活環境も、違う方々。

 

でも 共通点は…

皆、過去や現在の私のヨガクラスに参加した事がある方(偶然にも!)

そして、なんとなく(もちろん、すごくの人も♪)ヨガの魅力に気づいている方たち。

そして、皆 家族の誰かをささえたい… という思いを持っているということ。

 ※ささえたいなぁ、というのがポイント。

  ささえなきゃいけない!というのではないんです。

 

私自身が協会のサポートを得ながら

(テキストや準備のためのメンターとのミーティングなど)

不安と緊張、そして楽しみにして迎えた講習会。

 

開始時間になっても、私の気持ちはフワフワ、ドキドキ。。。

きっと参加者の皆さんはもっとドキドキだったはず。

 

まずは一緒に 吸って吐いて〜…呼吸を整えます。

 

 

あとは参加者の方に力をもらうしかないー!

そんな気持ちで進行していきました。

 

講習会の内容はテキストのポイントに添いながらも

今回はシェアリングの時間をたくさん取り入れました。

 

 

 

「ヨガとは?」

 

「ヨガとヨガセラピーの違いって?」

 

すでに、ヨガをしたことがある方々だったので

なるべくシンプルに、でも丁寧にお伝えしました。

 

さまざまな呼吸法をやってみたり

その時の声かけを想像してみたり

 

ささえたい誰かを想像すればするほど

出てくる「家族」という一つの壁。

 

家族だから できることもあるけど

家族だから できないこともあるよね。

 

家族じゃなきゃ だめなときもあるけど

家族以外じゃなきゃ だめなときもあるよね。

 

そんな声が 皆さんの口からチラホラ出てきました。

うん。そこがわかってるってこと、とても大事だとも思いました。

 

 

後半の実践タイムでは

ささえたい相手を想定して

ペアでヨガセラピーを伝える練習です。

 

 

 

 

窓から柔らかな日差しが差し込む中、

お互いを思いやりながら

(その向こうに伝えたい家族をイメージしながら)

笑ったり、考え込んだり、助け合ったりして

ペアワークする姿から 優しさが伝わってきました。

 

伝えるって難しい。

でもちょっとずつならやってみたいと思えた。

 

そうなんです!そこからで十分ですよ〜!

 

 

最後のシェアタイムでは

皆さん一人ひとりの言葉から 心にしみるキーワードや想いが溢れていました。

 

ある参加者の方が

「相手のことをじっくり考えようと思っていたら、

 結局、自分のことをちゃんと考えなきゃって思ったんです」

と話してくれました。

 

 

ヨガセラピーは

家族をささえるためにも役立つけれど

自分をささえる大事なお守りにもなる…

そのことに、私も皆も 大きくうなずいて納得したのでした。

 

参加者の方の力をたくさん借りて、第1回目は無事終了。

 

「参加して良かったです」

そう言ってもらえて胸がいっぱいになりました。

 

今回の6名の方たちが

各ご家庭で こっそりとじわじわと…

誰かのために伝えていけるよう、引き続き応援しています!

 

 

次回(第2回)は 3月20日(金・祝)13:00-16:00 @えんや です。

ただ今、申込み受付中!(3/13締め切り・定員8名程度)

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM