BAMBOOと出会って、そしてここから

  • 2020.06.25 Thursday
  • 21:24

こんにちは。BAMBOOピラティスインストラクター、Junkoです。

 

遡ること、2014年のことです。それまで人生の大半と思えるほどの時間を費やした仕事一辺倒の生活から離れ、初めて完全充電の日々を送っていました。その空白のスペースに新鮮な風が通るように、YukaさんのピラティスとBAMBOOに出会いました。

 

ピラティスのレッスンによって、「再生した」と思えるような自身の変化を味わいました。長年の生活習慣や考え方まで変わり、心が満たされた日々はとても平和で、幸せでした。

 

そんな当時、まだ未来がまっさらだった私に、Yukaさんがひとつ考えるきっかけをくれました。

 

それは「ENMAカード」といって、シンプルな文字だけが書かれた36枚あるカードから、1枚を引きます。そこに書かれている文字から感じることを、9つの質問で自分に問いかけていきます。

私が引いたカードに書かれていた文字は、『枠』でした。


文字から、最初に思い浮かんだことは? 「外す」でした。
それ(枠)があるとどうなりますか? 「元の自分に逆戻りする」
それがないと? 「どこまで広がれるだろう」
それを持っている人は誰ですか? 「私」
それがあると心地いいのは何故ですか? 「安心感がある」
それがなくて心地悪いのは何故ですか? 「何も起こらない、変わらない」
それが具体的に指すものは何ですか?「可能性」
それがどうなっていたら最高ですか? 「外れやすい」
そのために出来る小さな一歩は何ですか?「怖がらない、訪れた機会に乗っかる」

『枠』の文字から、最後に私が出した答えは、
「これまでの経験、価値観(常識)、囚われを外す」でした。

 

その答えに背中を押されるように、翌年の秋、私はBAMBOOピラティスインストラクターとしての一歩を踏み出すことになりました。

 

以来5年間、週3回ほぼ休むことなくコツコツと定期クラスを続けてきました。とても拙い指導で始まった私のクラスにも、ピラティスを気に入ってくださった方々が少しずつ増え、継続してくださいました。皆さんが変化していく姿がいつも嬉しく、私も励まされる思いでした。ご一緒した時間の積み重なりによって、今の私が形作られていると感じます。

 

毎日が概ね順調に思えていた矢先、コロナによる定期クラス自粛で突然空白の時間が訪れました。当初は戸惑いました。でも、一旦立ち止まって自分に問いかける時間が与えられた気もしました。

 

振り返ると、これまでクラスに参加してくださった方々には、運動器疾患など身体の不調を抱えている方も少なからずいらっしゃいました。膝の手術や人工股関節手術後のセルフリハビリの方をサポートさせていただいたこともあります。そして私自身もまさに加齢による身体の変化の過渡期、日々それを実感しています。

 

そんな経験もあり、これからは特に中高年の運動器疾患の予防や症状に対応できるピラティス、ひとりひとりのお体の状態を見つめて必要なプログラムをご提供するピラティスの「運動療法」としての可能性を、私の目標軸にしたいと考えるようになりました。

 

もう一度、『枠』を外す時なのかもしれない。自分の中で、何か抑えていた気持ちが動き出すのを感じました。

 

そのための具体的な一歩として、7月から身体に関わる新たな分野「カイロプラクティック」を学びます。新たな知見を経て、いつの日か、ピラティスとカイロプラクティックを融合したプログラムや拠点を、そんなイメージも湧いてきています。

 

これまでの『枠』を外して、心と行動の赴くままに。さぁ、どんなふうに広がるだろう? 今はそんなワクワクした気持ちでいます。

 

BAMBOOで私にピラティスインストラクターの道を拓いてくださったYukaさん。そして、共にたくさんの経験をさせてくださった、Asagiさん、Harukaさん、Kyokoさんに心から感謝し、信頼しています。これからもイベントを一緒に開催する計画も進行中ですし、この絆はBAMBOOコンセプトと一緒にずっと続いていくと確信しています。

 

それぞれ個性を発揮するBAMBOOメンバーのこれからの活動にずっと学んで刺激を受けながら、私もここからまた成長していきたいと願っています。

 

もちろん、これまでのようにグループレッスンを続けていきますので、引き続き皆さんにご参加いただけたら嬉しいです。

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

Junko

 

***********************

Junkoの活動情報はこちらです↓

半農×半ピラティス』ホームページ

「FTP mat Pilates Basic」研修を受講して

  • 2017.12.15 Friday
  • 10:22

こんにちは!Junkoです。

 

11月末に東京で「FTP mat Pilates Basic」というピラティス研修と資格試験を受けました。

この研修は、5年前にYukaさんが、今年3月にHarukaさんが受講したのと同じものです。

 

完全に研修に没頭し続けた一週間でした。

3人の生徒に2人の先生という恵まれすぎた時間でした。

その分、常に緊張やプレッシャーも大きく、いっぱい失敗して恥をかき汗をかき過ごしました。

単にピラティスの理論や実技、指導スキルの習得だけでなく

本質への理解と、何故?に答えられる指導をとことん求められて

あらためて指導することの難しさを痛感しました。

 

そして、先生方の愛情ある厳しい指導は

私達にピラティスを伝える者としての使命と情熱を注ぐものでした。

 

 

加えて今回は、頑張り過ぎてしまう自分の性分もよく分かりました。

「自分も相手も信頼して。頑張らせ過ぎないように頑張らせて」という

先生からのフィードバックが心に残っています。

指導する上で、時には相手の身体や周辺への視野を狭めてしまったり

無理を強いることに繋がっているということかもしれないと気づきました。

何をするにしても、気持ちのゆとりを忘れないでいたいと思いました。


試験前日は、緊張をほぐすためにグループレッスンを受け

東京駅界隈の街路樹やクリスマスのイルミネーションを眺め散策。

深夜には自宅近くの多摩川の真っ暗な土手を

実技試験のフレーズをブツブツ暗唱しながら歩きまわったりしました。

 

 

そして試験の直前…。

先生から「Toi, Toi, Toi」と書かれたチョコレートを貰いました。

これは幸運・成功を祈るドイツのおまじないの言葉です。

 

一緒に学んだ2人の女性(バレエの先生とヨガの先生でした)の存在も大きな支えでした。

この期間中のすべての出来事が、忘れられない思い出になりました。

結果はどうあれ、今できる全力で臨めたという満足感があります。

 

ピラティスを伝え始めて2年。

これまでの経験を一旦全部まっさらにして、また一から積み上げ直す機会となりました。

研修前と終わった今とでは、ピラティスに対する意識が変わったように感じます。

 

試験翌日は、同じく「FTP mat Pilates Basic Plus」という養成研修と試験を終えた

Yukaさんと再会しました。

子育て中の限られた時間と環境の中で、さらに發ぅ譽戰襪慮修をやり遂げたYukaさんに

あらためて刺激を受けました。お互いの頑張りを労い、報告し合うことができました。

 

佐渡に戻ると、低く垂れ込めた雪雲に覆われた大寒波…。

あの時の東京の抜けるような青空がもう懐かしく感じます。

あれから早くも2週間経ちますが、まだ研修の熱の名残(疲労感…?)が…^^; 

ノートも頭の中もまだ整理できていませんが、少しずつ自分の中でかみ砕いて落とし込んで

これからの指導に活かしていきたいと思っています。

 

Junko

 

***********************

Junkoインストラクターのクラスはこちらです↓

■定期クラス…デイリーピラティス(火曜10時)、リフレッシュピラティス(日曜11時)

■出張クラス(担当日のみ)…羽茂ヨガ&ピラティス(火曜19時)、小木ピラティス(金曜19時)

 

その他のクラスやイベントについてはこちらから♪

↓↓↓

BAMBOOのクラス情報&スケジュール】

「佐渡市公民館講座」へ伺っています

  • 2017.06.30 Friday
  • 15:29

皆さん、こんにちは!Junkoです。

 

BAMBOOでは毎年この時期に、佐渡市教育委員会主催の事業として

ヨガとピラティスの教室をさせていただいています。

 

普段の定期クラスの場から離れて各地域へ出向くこの出張教室は、

私達にとってとても大切な機会です。

私は、この6月は羽茂地区、7月は小木地区「公民館講座」の中でピラティスを担当しています。

(BAMBOOでは、この南佐渡2地域のほかに両津地区でもヨガ教室を行っています。)

 

佐渡の南西部に位置するこのふたつの地区は、自宅から車で約30分の道程。

緑豊かな景色と夕焼け空の海岸線を眺めながら、

皆さんの顔を思い浮かべながら向かう道中は、いつも朗らかな気分になれます。

 


写真は、羽茂地区の様子です。

参加者は、初心者・経験者、男女問わず、20代〜60代くらいまで幅広い年齢層です。

それぞれ身体の状態に応じて、日頃負担がかかりすぎている部分の筋肉をやわらげ、

衰え気味の部分は少し鍛えて、体内循環のいいバランスのとれた身体を目指します。

そして、普段はあまり意識しない深い呼吸もたっぷりと行います。

 

 

年数を重ねるごとに各地域の講座が定着して参加希望者も増えており、

皆さんの感想を伺うたびに、ヨガとピラティスの魅力が

じわじわと浸透しつつある手応えを感じます。

特に両津地区と羽茂地区では、数年前に公民館講座から有志の方々によるサークルに発展して

週一回、年間を通じて継続してくださっています。

ヨガとピラティスが日常習慣になると心身に好影響が現れることは、

サークルの皆さんの身体の動きや朗らかな表情に会うたびに感じることができます。

 

忙しい日常の時間をやりくりして集まってくださった方々が

ゆったりご自身を労いながらリフレッシュするひとときになりますように…

 

講座からの帰り道、皆さんと時間を共にした私の心と身体もまた、

いつも充実感と解放感に満たされています。

 

Junko

 

***********************

Junkoインストラクターのクラスはこちらです↓

■定期クラス…デイリーピラティス(火曜10時)、リフレッシュピラティス(日曜11時)

■出張クラス(担当日のみ)…羽茂ヨガ&ピラティス(火曜19時)、小木ピラティス&ストレッチ(金曜19時)

 

その他のクラスやイベントについてはこちらから♪

↓↓↓

BAMBOOのクラス情報&スケジュール】

ただいま、東京で研修中。

  • 2016.10.27 Thursday
  • 22:18

皆さん、こんにちは!Junkoです。

10月25日から東京でピラティスやボディーワークの研修を受けています。

 

通勤ラッシュの朝、ラフなジャージ姿で東京駅丸の内界隈を通っています。

実は昔、この界隈の企業に15年ほど勤めていたことがあってとっても懐かしい場所です。

でも当時のビルは高層ビルに建て変わってその面影はなく、すっかりきらびやかな場所になっていました。

 

 

今回はイギリスのピラティス団体「Body Control Pilates®」が公認するシニアピラティスインストラクター養成コースで、高齢者向けのピラティス指導法や、中高年が抱える身体症状や疾患別に対応するスキルを学ぶプログラムを受講しました。

 

クラスメイトの中でおそらく一番年上の私は、濃密な講義内容を短期集中で身体と脳みそに染み込ませるのには苦心しましたが、全国各地でインストラクターとして活動している方々ともクラスメイトとして出会うことができ、とっても刺激を受けました。

 

ひとつひとつの症例を追いながら、定期クラスに来てくださる関節痛を抱えた方や、佐渡の介護予防教室の高齢者やご近所の方々の顔が思い浮んできました。今、接している方々やこれから加齢していく私たち世代が、将来まで身体を十分に使いこなして日々の生活を楽しめるよう、佐渡でどんな形で役立てられるかを思い描きつつ。

 

…というわけで、おかげさまで無事に修了証もいただきました。

今回の指導者でBody Control Pilates®創立者であるリン・ロビンソン先生と通訳のアキコさんとの修了記念の一枚です。

(掲載の許可をいただきました)

 

気持ちも新たに佐渡に戻ります!

11月からまた一緒にカラダを動かしましょう♪

 

Junko

 

 

***********************

Junkoインストラクターのクラスはこちらです↓

 

■定期クラス…デイリー ピラティス(火曜設定日 10時)、リフレッシュ ピラティス(土曜設定日 11時)

 

■出張クラス(担当日のみ)…羽茂ヨガ&ピラティス(火曜19時)、小木ヨガ&ピラティス(金曜19時 ※11/4〜12/2)

 

その他のクラスやイベントについてはこちらから♪

↓↓↓

BAMBOOのクラス情報&スケジュール】

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM